遠方で定期的な通院が難しい方へ

現在は北海道や沖縄から、遠路マリヤ・クリニックへ来院される方もいらっしゃいます。機能性低血糖症治療・栄養医学による治療を行う医療機関はごく最近まで他にありませんでした。

 この数年間で栄養医学を取り入れる医療機関が増え、また機能性低血糖症の検査を行う機関も見られ始めました。これは非常に喜ばしい事です。

 しかし他の医療機関でどのような診断・治療が行われているのかを当院が把握出来ているわけではございませんので、現在遠方の患者さんへ他の医療機関をご紹介する段階までには至っておりません。

 また、他の医療機関で受けられた検査データのやり取りのみで判断・処方するという事も行っていません。責任を持って治療を行うには、現在に至るまでの症状を詳細に報告していただいた上で、個々の患者さんを実際に診る必要があると当院は考えております。5時間の糖負荷検査も、その内容から他の医療機関に依頼できるものではございません。

 機能性低血糖症治療・栄養治療をご希望される患者さんは、治療を始めるにあたり先ず予約をいただき、診察・検査を受けて頂く必要があります。

 検査結果を説明し、治療の方向が明確になってからは、月1回程度の通院をお願いしておりますが、どうしても難しいという方へは、以下の対応を準備しております。

宿泊室をご利用いただく方法。

お申込み・利用規約

 

 

治療経過表の送信による栄養摂取状況・症状改善状況の確認。

サプリメント処方の変更。

FAX・メールなど、文書による質問の受け答え(内容によっては診察扱いとなります)。

電話による再診(保険適用外)。

 

※ 数ヵ月〜半年に一度は来院をお願いしております。

 

宿泊施設宿泊施設ヨハネ