代替医療が広まった理由

「薬剤への恐れ」

薬によって症状を改善しようとすると副作用がでることがあります。例えば、降圧剤の中に自律神経に働きかけて血圧を下げる種類のものがありますが、それを服用することによって自律神経の調子に歪みが起こることもあるわけです。

そのような恐れが、代替療法へと人々を向わせるのは現実でしょう。アメリカでは、1990年の時点で代替医療の受診数は西洋医学の受診数を超えており、その後更にその差は開いていると報告されています。一般的には、代替医療の利用者は教養のない人々であろうと考えられていたそうですが、実際には教育水準の高い人々に多く支持されていると、ウィキペディアにありました。代替医療については保険が適用されないのに、人々は健康へのリスクが少ないと思われる代替医療を支持しているという驚くべき結果が出ているのです。