代替医療が広まった理由

「混合診療の否定」

 それでは、この検査は保険で、理解されない検査は自費で、と考えるかもしれませんが、これを混合診療といって、現在の保険制度では認められないのです。抗癌剤も、新薬で保険適用が認められていないものを使うと全てが保険診療できなくなるはずですが、実際にはそうでもないようです。差額ベッド代というのも殆ど正当なものではありませんので、混合診療になりますが、いつのまにか支払わされています。

 私共の分子整合栄養医学は殆ど知られていないので、応用して診療を始めようとする医療機関は、すべて自費診療になってしまう場合が多いのです。つまり、保険審査委員の許可をもらって診療することを実行すると、実際には不許可になって保険診療部分が振り込まれず、大損になってしまうからです。

 現在の保険診療制度は、ある疾患についてはこの程度までの検査や治療しか認めないという明確な枠組みがあります。慢性疾患などの場合には、一般的に治らないとされているので、「費用がかさむ検査や治療はするな!」ということで、患者に対して何もせず、長期入院をさせない病院が経済的になりたつことになります。

 医療機関としては、保険診療をしなければなりたたず、積極的に治療しようにも混合診療が禁じられているので、同意のもとで自費で治療することもできないように縛られているのです。審査委員も医師ですから、本当はそういう指導は嫌だと思いますが、保険支払い基金から雇われている身ですから、そのようにするしかないのでしょう。