どうして栄養医学が必要なのでしょう。

「例えば機能性低血糖症」

 私たちが力を注いできた機能性低血糖症の治療は、栄養、運動、環境の調整によるストレス解除、カウンセリング(生活指導)が必要です。そのいずれかを欠いていても良い治療結果はでません。つまり、薬物療法などでは治らないのです。機能性低血糖症については、私共の別著に詳しく書きましたが、現代の食生活やストレスから生まれてきた文明病であり、その治療には現代文明の弊害を吟味して一つ一つ対処しなければならない厄介な病気です。現代では、この種の病気が増えており、分子整合栄養医学が世界的に脚光を浴びる理由となっています。